スズランの育て方に関するまとめ

  • 午後は日陰になるような場所に植える。
  • 地植の場合、夏以外はよほど乾燥しない限り、水遣りは必要ない。
  • スズランは地下茎を横に伸ばして増えていく。地下茎の先端にできる芽を育てるため花が終わったらすぐにお礼肥え。
  • 花が終わってから1ヶ月間程度、液体肥料を中心に週1回のペースで、お礼肥え。株が太って次の年の花の付き方がよい。秋や冬に肥料を与えても効果的ではないので必要なし。
  • 10月から11月の間に植え替える。理由は、来年咲く花芽が内部でもう形成されてしまって成長期を過ぎているから。少々の植え痛みは関係ない。地植の場合は4年に1回程度、4〜5芽ごとに切って、ほかの場所に植え替える。
  • 冬の間は葉が枯れる。

スズランの育て方に関するリンク集

ヤサシイエンゲイ