レモンの育て方に関するまとめ

  • 庭木は2本の枝をメインに半円形に仕立てるのがよい。枝を切る適期は春芽吹く前、3月頃。
  • レモンは細かい根をびっしり出す性質があり、乾燥や過湿に弱い。果実が大きくなる6〜8月は多くの水を必要とするので、乾かさないようにたっぷりと水を与える。水はけの悪い土だと過湿になって根腐れを起こしてしまうので、水はけの良い土を用いる。
  • 地植えの場合、2月と9月に有機配合肥料を株周りに。
  • 苗木から育てると最初の3〜4年は花を付けないことも多い。条件がそろうと(樹勢が落ち着いた、花が咲く大きさになった)いきなり花を咲かせ始めるので、多少気長に育てる。
  • 春〜秋に花を咲かせるが、春に咲いた花から成らせて、冬に収穫するのが一般的。夏や秋に付いた実は小さい内に摘む。1カ所にたくさんの実が付いている場合は1〜2コ残してあとは摘果。葉っぱ30〜40枚で果実1コ残すのが木を弱らせないのに適当な数。

レモンの育て方に関するリンク集

ヤサシイエンゲイ