カラタネオガタマの育て方に関するまとめ

  • 粘土質など水はけの悪い土壌では根腐れを起こしやすい。
  • 2月と8月の年2回、油かすと化成肥料を等量混ぜたものを根元に施す。
  • 剪定は花後-夏前もしくは花芽の確認できる2月頃。茂りすぎて日当たり、風通しが悪くなると花付きが悪くなったり害虫の発生が見られるので、重なり合った内側の枝を間引いて全体を透く。元気よく伸びた徒長枝には花芽が付かないので、3-6芽残して短く切り詰める。この作業は花芽の確認できる2月頃の方が失敗が少ない。

カラタネオガタマの育て方に関するリンク集

ヤサシイエンゲイ